いつもの料理をグレードアップ!食材をおいしく変えるワザ!教えます

美味しいものを作ろうと、レシピ通りに料理を作ったのに、
今一つ味が決まらない!  
食材に調味料にも高いものを使い、凝ってみたのに、
その良さが生きない!
なんて経験はないでしょうか?

高い食材が「おいしさ」の全てではなく、
ちょっとした料理のコツが食材を更に美味しくします。
味付けを凝ってみる、というものではなく、
食材のおいしさそのものを引き出すの方法があります。
いつも使っている食材も「ひと手間」掛けるだけで、
またちょっとしたコツで美味しく変わるのを知っていますか?

この料理のコツは、私が、祖母や母の料理から学んだものが
多く、やはり今の私の料理の師匠はこの二人であります。
でも、この師匠たちから丁寧に教えを受けたことはありません。
ですから、私がこの師匠たちの味に近づく料理が出来るように
なったのは結構時間が掛かっているかもしれません。

同じ焼き魚を作っても、どこか仕上がりが違う。
安いステーキ肉が柔らかいステーキ肉に変身している。
野菜サラダのシャキシャキ感が違う。
など、どんなワザを使ったか・・と、思う事がたびたび。

時間があれば母の炊事現場を覗き、その下ごしらえ方に
教えられました。
その下ごしらえやコツは、今思えば何でもない事!
でも、それを知ったか知らないでは、料理にこんなにも差が
でるのか!とも思います。

魚やを肉を焼く前の塩をふるタイミング。
野菜をどう切るかで、食感も味も変わる。
野菜は保存の仕方次第で長持ちする。

調理前にほんのひと手間で、いつもの食材がいつもの以上に
おいしくなれば、こんな嬉しい事はありませんね。

レシピ通りの手順をきっちり守っても、食材の美味しさを引き出し
生かすことが出来ないと、味が半減してしまう事があります。

食材の専門家や料理のプロ(レストランのオーナー)などに
直接聞いた目からウロコの料理の裏ワザなども
載せました。
是非、ご参考にして下さい。
また、私の別サイト
「料理の基本と材料の知識を身につけて更に料理上手に
なりましょう!!調理の常識から配膳、マナーまで」
http://www.ub-2kei.com/index.html
と併せて参考にして料理に自信を付けて下さい。

皆さんの料理の腕がグ〜ンとアップされる事を祈ってます。

食材を変えるひと手間

トップページ
かたい肉を柔らかくする方法
切り方で柔らかい肉に変身
玉ねぎマリネとビールでも柔らかな肉に変身
塩をふるタイミング
マイタケで柔らかく美味しくする方法
塩水で豚肉、鳥肉を柔らかくしっとりとさせる方法
マヨネーズで豚肉、鳥肉もしっとりコクよくします
鳥の胸肉を柔らかくおいしく調理
簡単!しっとり柔らか鶏ハムの作り方
挽き肉料理をグレードアップさせる方法
挽き肉料理のおいしくなる塩のタイミングとこね方
レバーの臭みを簡単に取り更においしくする方法
焼き魚の塩をふるタイミング
煮魚も「酢」の効果でグレードアップ
さばのマヨネーズ煮とマヨネーズ焼き
小魚のフライを牛乳でカリッとさせる
イカの洗い方と柔らかく仕上げる方法
貝の完璧な砂出しの方法
シジミをいつもより更に美味しくする方法
お正月に欠かせないカズノコの塩抜きの仕方
タラコを酒でうまみアップする方法
しおれた野菜を元気にする方法
目からうろこのほうれん草のゆで方
ほうれん草は蒸して調理時間短縮!うま味もアップ術
キャベツ、レタスの長持ちさせる保存法
白菜の保存法とおいしさアップの切り方
水っぽいトマトを完熟トマトにする方法
ナスの油の吸いすぎ防止と色鮮やかに仕上げる方法
焼きナスの食感をレンジで簡単に作る
じゃがいも料理に適した下処理
じゃがいもの煮崩れしない茹で方と発芽抑制の保存法
玉ねぎの苦み、辛みを調節する調理法と涙の出ない切り方
大根料理は切り方と部位によって変わります
大根おろしを好みの辛さにする方法
ゴボウの保存法と白く柔らかくあく抜きまで時短で行う方法
ゴーヤの苦みのやわらげ方
里芋のぬめりの取り方と簡単な皮むき法
レンコンの変色防止とおいしさアップ法
サツマイモは皮のむき方で色合いが変わる
トウモロコシを色よく美味しく茹でる方法と保存法
バナナを約10日保存させる方法
卵料理をきれいに美味しくするコツ
きれいなゆで卵の作り方
豆腐のちょっとした下ごしらえで美味しさアップ
豆腐のコクと旨みの出し方
残ったチーズのおいしさアップ保存法
梅干しで油の酸化防止
お米を更においしくするワザ
お米をもっとおいしく炊く裏ワザ2
氷と炊飯器の裏ワザ
パスタを美味しく茹でる塩加減
酢で手作りパンをより美味しくするワザ

その他

リンク募集中